1. スマホが手放せないあなたに。おすすめ副業はチャットレディ   >  
  2. チャトレのデメリット

チャトレのデメリット

チャットレディのデメリットを知っておこう

スマホ1つでどこでもお金が稼げて、働く時間も自由。

お客さんも自分で選べる・・・。
「チャットレディのお仕事にデメリットはないの?」と思っていませんか?
チャットレディのお仕事にも気を付けるべきデメリットがあります。

早速チャットレディのデメリットについて紹介していきます。
チャットレディのデメリット3つ
・ノンアダルトは稼ぎにくい
・身バレの可能性がある
・今すぐお金が必要な人には向いていない
まずは、ノンアダルトは稼ぎにくいという点です。

チャットレディの働き方は、エッチなやりとりをするアダルト、エッチなやりとりなしでおしゃべりをするノンアダルトの働き方があります。
チャットレディのお仕事はやりとりをした分稼げるお仕事。

エッチなことを目的で登録をしている男性会員さんが多いので、脱げる女の子の方がやりとりをしたいと思われてしまいます。
チャットレディにはおしゃべりする以外にも、画像や動画をサイト内にアップして稼ぐという方法があります。

有料動画として登録できるのはアダルト要素が強いもの。

閲覧される度に報酬が入るので、ノンアダルトのみで働いている人と報酬に大きな差が開いてくるんです。
チャットレディのデメリットその2は、身バレの可能性があるということ。

顔出しナシでもチャットレディは働くことができますが、顔出しをした方が男性からのアクセスが多いので稼ぎやすくなります。

しかし、万単位の男性がサイトに登録をしていますので知り合いに気付かれてしまうという可能性もなきにしもあらず・・・。
身バレをしたくない!という方は徹底的な対策が必要になります。

プロフィール写真は、加工アプリでナチュラルに盛ること。

髪型で人の印象は7割も変わると言われているので、絶対にバレたくないという方はウィッグを用意しましょう。
カラコンも身バレ対策に有効なのでおすすめ。

TV通話をする時は普段のメイクや服装と違う雰囲気にすることが大切です。

顔の一部をスタンプや手で隠すのもアリ。
チャットレディのデメリットその3は今すぐお金が必要な人には向いていないところ。

大手サイトのガールズチャットの報酬清算可能額は5500円から。

例えば3000円稼いだから3000円振り込んでほしい!というのは出来ません。
また、日払いも今日申請したから、今日中に振込お願いします!というのも不可。

ですので、今すぐお金が必要!という方にはおすすめができません。
チャットレディのお仕事はお小遣い稼ぎ。という感覚ではじめましょう!