外国人とのプレイに興味あり

外国人とのプレイに興味あり

僕が中学生の頃、とある事件が起きました。ひとりの男子生徒が、学校にエロ本を持ってきたんですよ。

当時エロ本に興味あったけど、大人の本だと思って読んだことはありませんでした。当時その男子生徒と仲良かったわけではありませんが、「見せて」と声をかけたのを覚えています。

まああとから先生に見つかって、没収されてましたけどね(笑)。

そのときのエロ本にですね、外国人特集みたいなのがあったのを記憶しています。そのとき衝撃だったのは、規格外の爆乳と日本人とは違う顔や身体つきでした。

なんて言うんでしょうね。外国人の骨格って、まさにボンキュボンじゃないですか。顔も骨格もはっきりしていて、見慣れない女性の姿にドキドキムラムラしたのを覚えています。

そのときから僕は、外国人とエッチしてみたいなと思っていました。

友人を誘って、外国人がいるバーに遊びに行ったことも。しかし英語ができないので、綺麗な外国人女性を前にしても足がすくんでしまいます。

頑張れ俺!エロの力で乗り切るんだ!

何度そう思って、声をかけようと思ったか…。結局、外国人女性を口説くこともできずに今に至ります。

▶外国人女性の魅力について語ってみた
「冒頭で十分、魅力が伝わった」と思う方はこの部分だけをスルーしてください。

僕が思うに外国人女性の魅力って、見た目+メンタリティです。何度も外国人バーに通ったので、魅力について語れる自信はあります。

<目>
海外女性の目を、観察したことありますか。ブルーやグレー、ブラウンなど色んな瞳の方がいますよね。中でも僕が好きなのは、ブルーの瞳です。

ビー玉のように透き通っていて、とても綺麗なんですよね。光を集めたみたいで、つい見とれてしまいます。

<鼻>
やっぱり鼻は、別格ですね。スッと高く整っていて、顔を綺麗に魅せるパーツ1つですよね。日本人で鼻が高いのは、モデルや女優くらい。人って手に入らないモノに惹かれるんでしょうね。海外女性の鼻には、うっとりします。

<ブロンドヘア>
なんといってもブロンドヘアが、一番好きです。太陽に照らされるとキラキラして、本当に美しいんですよね。あぁ、撫でまわしたい。

<爆乳>
海外の女性は、なにゆえこうも爆乳だらけなんでしょうか。Tシャツなんか着たら、はちきれんばかりのボリュームです。

<お尻>
お尻のサイズも、規格外ですよね。あのお尻の間にはさまれたいです。デカケツ好きに、海外女性のお尻は堪りませんね。

<性格>
着飾らない性格の子が、僕は好きです。積極的でノリノリな女性が多いし、セックスになるとどうなるのかなって想像しちゃいます。

セックスでも激しいんだろうな。(妄想中)

▶外国人とセックスしたいならエロチャット?!
最近もっぱらエロチャトにハマっていますが、外国人が登録しているサイトもあるようです。僕が見つけたのは、DXLIVEというサイトです。

サイトを開いてもらえば分かるんですけど、トップページには日本人だけじゃなくて外国人女性も並んでいます。

サイト自体は日本語で利用できるので、安心。
(ただし外国人とチャットするときは、英語ですよ。)

DXLIVEは海外のサイトなので、外国人もたくさん登録しているんだとか。

こんなサイトがあったなんて・・・最高かよ。
トップページに並んでいる女性を眺めていると、僕の好きな金髪美人や東洋系のアジアン美女までいるではありませんか。

やばい、選べない。こんなに可愛い子とチャットできるなら、英語が苦手だけど頑張っちゃおうかな。そう思えるチャットでした。

▶DXLIVEの遊び方

サイトを利用するには、会員登録する必要があるようです。トップページの右あたりに、ある無料会員登録のボタンをタップして、「無料アカウント作成フォーム」へと進みます。

フォームでは、以下の項目があったので入力しました。
・Eメールアドレス
・パスワード
・スクリーンネーム
・クレジットカード情報

クレジットカード情報は、年齢確認のために提示する必要があるようです。

登録が済んだら、ログインして利用スタート!

魅力的な女性が多すぎて、どの子を選んだらいいのかかなり迷いました。顔だけで選ぶのは難しいなと感じ、気になる子のプロフィールを確認。

プロフィールには、話せる言語や性感帯、年齢やスリーサイズなどが記載されていました。
僕は海外女性とのチャットを希望していたので、言語は英語、スリーサイズはボンキュボンで選びました。

日本語を話せる美女が居れば、いいんですけどね。

実際にチャットを始めると、「ハーイ」と手を振って、にこにこしていました。今まで英語ができないと逃げてきましたが、ここは頑張りどころ。

「アイム〇〇、ユァビューティフル!」
精一杯の僕の気持ちが伝わったのか、「オーケーオーケー」と笑いながら聞いてくれたんです。
その後は、ジェスチャーやボディーランゲージで何とか頑張って、脱いでほしいつ要求!
内心「伝わったかな、脱いでくれるかな?」と、ドキドキ。

女性は何も言わずに、恥ずかしそうに脱ぎ始めました。

結局その日は、女性が目の前オナニーしフィニッシュ!今まで生きてきて良かったと思えるくらい、最高の時間が楽しめた僕。

今回はドキドキムラムラしまくりで、自分のアソコまで触る余裕がなかった。次こそは、相互オナニーにトライしてみたいな。